産婦人科

医師4名と助産師約10名及び外来、入院担当看護師で心のこもったケアを心がけております。
 

診療スタッフ

 

副病院長 野口敏史(のぐちとしふみ)

  • 産婦人科腫瘍の診断と治療、婦人科内分泌、内視鏡手術(子宮鏡手術)、周産期救急
    (日本産科婦人科学会指導医、母体保護法認定医、麻酔科標榜医(厚生労働省 麻第4689号))

医  長 辻 哲朗(つじ てつろう)

  • 産婦人科一般、産婦人科学 (日本産婦人科学会専門医) 

副医長 青山 幸平(あおやま こうへい)

  • 産婦人科一般 (日本産婦人科学会員)

副医長 志村 光揮(しむら こおき)

  • 産婦人科一般 (日本産婦人科学会員)

 

産科領域について

 

分娩数は以下の通りです。

  • 平成15年 300件 (うち帝王切開 38件)
  • 平成16年 297件 (うち帝王切開 45件)
  • 平成17年 281件  (うち帝王切開 31件)
  • 平成18年 406件(うち帝王切開 59件)
  • 平成19年 306件(うち帝王切開 50件)
  • 平成20年 283件(うち帝王切開 38件)
  • 平成21年 237件(うち帝王切開 42件)
  • 平成22年 262件(うち帝王切開 45件)
  • 平成23年 263件(うち帝王切開 35件)
  • 平成24年 248件(うち帝王切開 40件)
  • 平成25年 273件(うち帝王切開 49件)
  • 平成26年 298件  (うち帝王切開 62件)
  • 平成27年 272件  (うち帝王切開 55件)
・ 分娩は分娩台上で砕石位にて行っています。自然分娩を基本としていますが、予定日超過や微弱陣痛の場合は陣痛誘発・促進を行うことがあります。
・ 原則として産後は母児異室管理です。母乳哺育を基本としています。初産の方は6日目、経産の方は5日目が退院予定です。今年よりLDRを一床増床、改築し、母子同室を計画しています。
・ 帝王切開については、予定、緊急いずれも中央手術室で行います。必要に応じ小児科医立会いを依頼しています。麻酔は原則的に腰椎麻酔です。
・ 万一早産になった場合、当院併設のNICUにおいて小児科医が診療します。母体搬送につきましては、およそ32週未満の症例は基本的にお受けできかねます。
・ 里帰りの方は紹介状持参の上、34週までに外来受診していただいています。
 
 

婦人科疾患領域について

 
過去の手術件数(帝王切開を除く)は以下の通りです。
  • 平成15年 66件
  • 平成16年 112件
  • 平成17年 76件
  • 平成18年 54件 
  • 平成19年 106件
  • 平成20年 123件
  • 平成21年  85件
  • 平成22年 115件
  • 平成23年 109件
  • 平成24年 125件
  • 平成25年 127件 
  • 平成26年 153件
  • 平成27年 142件
・ 良性疾患に対しては、手術が必要な場合、開腹手術のほか、腹腔鏡下あるいは子宮鏡下手術を行うこともあります。
・ 悪性腫瘍に対しても、積極的に治療を行っています。
・ 不妊症に対しホルモン検査、卵管造影、精液検査、排卵誘発剤などによる治療、人工授精など行っています。体外受精は行っておりません。
 
【その他】
・ 人工妊娠中絶につきましては、ご相談に応じさせていただいております。
・ 経口避妊薬(低用量ピル)や避妊リングなどは、保険外で診療しています。