産婦人科

 医師4名と助産師約10名及び外来、入院担当看護師で心のこもったケアを心がけております。
 

 

外来担当表

 
担当医
辻 哲郎
髙岡 宰
青山幸平
(第1,3,5週)
髙岡 宰
(隔2,4週)
青山幸平
野口敏史
 
 

スタッフ紹介

副病院長 野口 敏史
医長   辻 哲郎
副医長  髙岡 宰
副医長  青山幸平
 
 

診療内容



産科領域について

 
分娩件数
全件 (うち帝王切開)
H15 300 (38)
H16 297 (45)
H17 281 (31)
H18 406 (59)
H19 306 (50)
H20 283 (38)
H21 237 (42)
H22 262 (45)
H23 263 (35)
H24 248 (40)
H25 273 (49)
H26 298 (62)
H27 272 (55)
H28 288 (60)
H29
258
(46)
 
・分娩は分娩台上で砕石位にて行っています。自然分娩を基本としていますが、予定日超過や微弱陣痛の場合は陣痛誘発・促進を行うことがあります。陣痛から分娩、出産直後の回復期を同じ部屋で過ごせるLDRを1床設けています。 
 
・原則として産後1日目より母児同室、帝王切開術後の方は母児の健康状態を見て判断します。母乳哺育を基本としています。初産の方は6日目、経産の方は5日目が退院予定です。
 
・帝王切開については、予定、緊急いずれも中央手術室で行います。必要に応じ小児科医立会いを依頼しています。麻酔は原則的に腰椎麻酔です。
 
・万一早産になった場合、当院併設のNICUにおいて小児科医が診療します。母体搬送につきましては、およそ32週未満の症例は基本的にお受けできかねます。
 
・里帰りの方は紹介状持参の上、34週までに外来受診していただいています。
 

婦人科疾患領域について

 
手術件数
※帝王切開を除く
H15 66
H16 112
H17 76
H18 54
H19 106
H20 123
H21 85
H22 115
H23 109
H24 125
H25 127
H26 153
H27 142
H28 146
H29
145
 
・良性疾患にて手術が必要な場合、開腹手術のほか、腹腔鏡下あるいは子宮鏡下手術を行うこともあります。
 
・悪性腫瘍に対しても積極的に治療を行っています。

・不妊症に対しホルモン検査、卵管造影、精液検査、排卵誘発剤などによる治療、人工授精など行っています。
 体外受精は行っておりません。
 
≪その他≫
・人工妊娠中絶につきましては、ご相談に応じさせていただいております。
 
・経口避妊薬(低用量ピル)や避妊リングなどは、保険外で診療しています。