総合診療科

  平成25年4月より北部医療センターに総合診療科が新設され、平成26年4月より2名体制となりました。今後地域での医療活動に積極的に取り組んでいきます。
 北部医療センターでは、初診外来と入院患者担当として診療にあたっています。初診外来については、外来担当表のように内科各科からの応援をお願いしている現状です。2名になったため、院内での緩和ケアチーム、栄養サポートチーム(NST)、感染制御チーム(ICT)のメンバーとしても活動の範囲を広げています。
 今後日本は、世界で初めて高齢化率40%以上の超高齢化国家になることが予測され、高齢者医療への取組ニーズが急速に意識されております。京都府北部は高齢化率が高く、全人的医療への要望も高い地域です。具体的に地域医療で要望されることは、頻度の高い疾患に対する標準的治療はもちろんのこと、内科外科を問わない初期対応であり、まさしく総合診療科の得意とするところであります。
 京都府立医科大学総合診療部では、地域医療にコミュニティを基盤とする医療システムの開発についての臨床、教育、研究を行う事を指命の1つとしています。当院に本講座が開設されたことにより、総合診療、地域医療に興味を持つ研修医、医師の受け皿ができました。地域医療に関する魅力と同時に問題点も含めて全て医学生に伝えることが、将来の医療を担う人材の育成、確保につながると考えます。
 新設されたばかりの講座で、至らない点も多々あると思いますが、地域の方々のご支援で総合診療科が充実することは、将来、高齢者医療、当地域の医療に間違いなく貢献できると信じて日々診療に取り組んでまいります。よろしくお願いいたします。
 
外来担当表
 
担当
横井
松原(第1,3,5週)
谷口(第2,4週)
堅田
石野
横井