放射線科

放射線科のしごと

一昨年度より、当院の放射線科診療を開設いたしました。CT、MRI、血管撮影装置を備え、体の隅々をくまなく検査することができます。
 CT検査としては、世界最多列の320列マルチディテクターを用いたMDCT装置により、詳細な空間情報とともに、短時間撮影を用いた臓器動態の画像化により、微小な癌や動脈硬化などの診断に有用です。
 MRI検査としては、3.0T(テスラ)超電導型MRI装置を用いて脳脊髄や骨盤領域をはじめとする画像診断を行っております。
 また、コーンビームCT機能を備えたFPD(フラットパネルディテクター)型血管撮影装置においては、針やカテーテルを用いて種々な疾患に対するインターベンショナルラジオロジー(IVR)治療を行っています。治療の侵襲性が小さいことが特長であるため、特に救急やがん領域、あるいは高齢者の診療において効果的です。具体的には、経皮的針生検(肝、肺、骨など、ほぼ全ての臓器で可能)、致死出血に対する経皮的止血術、門脈圧亢進症に対するカテーテル治療(門脈系塞栓術、TIPS、脾動脈塞栓術など)、狭窄した管腔の形成術(血管、胆管、消化管など)、膿や貯留体液の治療(各種ドレナージ)、難治性腫瘍の治療(腫瘍塞栓術、腫瘍凝固術、リザーバー療法など)、がん症状緩和の治療(腹腔静脈シャント、骨セメント、緩和的血管塞栓術)、在宅療法を容易にする治療(中心静脈ポート、硬膜外ポート、経皮経食道胃管挿入術など)、抗血栓療法(静脈フィルター、血栓溶解療法、血管形成術)などが、ざっと挙げられます。臓器を問わず、カテーテル治療のことなら、気兼ねなくご相談ください。
 肝がんや急性出血の血管塞栓術はもとより、中心静脈カテーテルからイレウス管まで、臓器や疾患を問わず、あらゆるカテーテル治療のことならお任せ下さい。
 また2年間の診療実績により、本年度から日本IVR学会専門医修練施設認定を受けました。20年にわたる放射線医学の研鑽と、救急基幹病院やがん専門病院で培ってきたIVR技術と臨床経験を生かして、府北部の地域診療に少しでも貢献できることを望んでおります。

 

放射線単純撮影

俗にレントゲン撮影、X線撮影のこと。放射線を用います。

放射線造影撮影

造影剤などを用いX線撮影を行い、単純撮影では見えないものを描出します。

CT検査

放射線を用いた断層撮影です。単純と造影の検査があります。
320列マルチスライスCTにより高速撮影、3D撮影など実施可能です。

RI(核医学)検査

体内に少量の放射性物質を投与し、目的とする部位を描出します。

MR(核磁気共鳴)検査

京都北部地域唯一の高磁場3ステラMRI装置が導入されており、目的に応じた質の高い画像診断が可能となっています。

MR

血管造影検査

血管にカテーテル(清潔な細い管)を挿入し、目的部位の血管を描出します。
さらに、カテーテルより目的部位の治療をすることもあります。

マンモグラフィ撮影

乳腺を専用の装置で撮影します。マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の講習会を受講した医師・技師の指導の元、撮影を実施しております。

 

骨塩定量測定検査

X線を用いて骨密度を測ります。検査は手首の骨を1分程度で測定できます。