放射線科

 放射線科は一般撮影、X線透視装置、CT装置、MRI装置、RI装置、血管撮影装置を備え、体の隅々をくまなく検査しています。

 CT検査は、世界最多列の320列の検出器を有するMDCT装置を用いて、詳細な空間情報を取得し、短時間撮影を用いた臓器動態の画像化も可能です。これにより小さな癌や血管病変などの診断に有用です。
 
 MRI検査は、3.0T(テスラ)超電導型MRI装置を用いて、脳脊髄や頭頸部、肝胆膵、泌尿器骨盤領域、骨関節、乳腺などに関して、CTとは異なる画像情報を提供します。
 
 CTやMRIを用いた画像検査は今日の画像診断の中心であり、全身臓器の器質的疾患(腫瘍、炎症、外傷、血管性病変など)の診断に必要です。最近は臓器の形態のみならず機能評価も重視されています。
 
 放射線科ではこれらの最新の検査機器を用い、検査目的にあった有意義な検査を安全に施行しており、さらに3D画像も作成し、術前診断に貢献しています。画像診断医は迅速に診断レポートを作成することにより、診療レベルの向上に務めます。
 
 コーンビームCT機能を備えたFPD(フラットパネルディテクター)型血管撮影装置においては、種々の疾患に対する血管造影やインターベンショナルラジオロジー(IVR)治療を行っています。さらにCTガイド下の生検や膿瘍ドレナージなども施行しており、診断機器装置を使用して治療も行っています。
 
 

スタッフ紹介

医長  佐藤 修
    谷口 毅
 
 

診療内容



放射線単純撮影

ここではいわゆるレントゲン撮影を行います。
X線を利用した一般的な検査で胸や腹、骨などの撮影を行います。
全3室に低被ばく・高画質のFPDシステムを導入しており、きれいな画像がモニターで見ることができます。
撮影の際、ボタンやチャック、下着のワイヤーなど撮影の邪魔になるものは外していただきます。ご協力お願いします。

 

放射線造影撮影

バリウムやヨード系造影剤を使用してX線透視・撮影を行うことで単純撮影では示しにくいものを描出します。
透視撮影室では消化管・脊髄・関節系・泌尿器科・婦人科などの検査や、気管支・消化管内視鏡を併用した検査・治療など多種多様な検査を行っています。


 

CT検査

CT(Computed Tomography)は、X線を用いて、輪切りの画像はもとより、さまざまな断面の画像を作ることができます。使用している装置は、検出器が320列あるCT装置で広範囲を短時間で撮影することができます。320列CTは、広範囲のスクリーニングは元より、心臓の冠動脈検査、脳血管、肝臓体積など術前シュミレーションなど、幅広い用途に使用できるオールラウンドなCT装置です。
撮影された画像は、ワークステーションと呼ばれる専用の装置で処理をして、血管や骨などの3D画像を作成することができ、よりわかりやすい画像を提供できるようにしています。

 

RI(核医学)検査

微量の放射線を放出する薬(アイソトープ)を体に投与して臓器の機能を検査します。投与されたアイソトープの種類によって目的とする臓器に取り込まれたり、取り込まれなかったりします。これを専用のガンマカメラで撮影し、得られた画像や数値から病変の状態を診断します。検査時間は検査の種類によって異なりますが、約30分から1時間程度です。薬を投与してからすぐ撮像する検査や数時間後あるいは数日後に撮像する検査があります。また、食事制限が必要となる検査もあります。

 

MR(核磁気共鳴)検査

MRIは放射線を使用せず、強い磁場と電波を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。使用装置は磁場の強さが3テスラとなっており、普及している1.5テスラの装置に比べ約2倍の信号が得られ、より短い時間で高い解像度の画像を撮影することが可能です。検査時間は撮影部位にもよりますが20分から40分程度かかります。なお強い磁石を使用しているため、体内金属の種類によっては検査が行えないこともあります。

 

血管造影検査

血管造影検査はカテーテルを血管に挿入し、ヨード造影剤を用いて血管を撮影します。
定期、緊急を問わず血管系、非血管系のあらゆるIVR(インターベンショナルラジオロジー)を行います。
主な検査内容は心臓カテーテル検査、ペースメーカ植込術、シャント造影検査、下肢動脈検査等の循環器疾患に対する検査や治療、さらに肝臓がんや胆道系閉塞、外傷止血術など胸腹部疾患に対する検査や治療を多岐に渡って行います。

 

マンモグラフィ撮影

乳腺を専用の装置で撮影します。

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の講習会を受講した医師・技師の指導の元、撮影を行っております。乳乳房圧迫の際は声をかけながら無理のないよう行っておりますが、痛くて我慢ができない時は無理をせず担当技師にお知らせください。

撮影時に不明な点や不安なことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

 

骨塩定量測定検査

骨を構成しているカルシウムなどのミネラル類の量を測定する検査です。
骨粗鬆症の診断では骨密度の正確な測定が重要です。
X線を用いて手関節または腰椎や大腿骨頚部の測定を行います。
測定値は年齢別の平均値とともに表示され、過去の検査結果と比較しての骨密度の変化も見られます。