各部署の紹介

A3病棟(整形外科、耳鼻咽喉科、神経内科)

A3病棟は、病院の南側にあり、特室からは日本三景「天橋立」や阿蘇海が一望できる恵まれた環境の病棟です。急性期から回復期リハビリテーション期まで患者さんが安心して安全に療養生活が送れるよう、医師・看護師・理学療法士が一丸となって、ケアの実践に取り組んでいます。

 

 

B3病棟 女性病棟(産婦人科、小児科)

B3病棟は、女性病棟として、全診療科の女性を対象としています。女性の患者さんが心地よく治療を受けられるようプライバシーに配慮し、静かで和やかな雰囲気の中で入院生活が送ることができる病棟を目標にスタッフが一丸となり取り組んでおり、妊産婦の出産・育児や、赤ちゃんの健やかな成長のお手伝いもしています。陣痛(Labor)から分娩(Delivery)、産後(Recovery)の回復までを同じ部屋で、家庭的な雰囲気の中で過ごすことができる設備(LDR)を整備しています。さらに、小児病棟としての機能を有しており患児の健やかな成長を援助しています。
 
              
 

C2病棟(消化器外科、泌尿器科)

C2病棟は、消化器外科、泌尿器科病棟として急性期の外科看護を担っています。術後の後療法として、化学療法を受ける患者さん、終末期の患者さんも入院しています。術前指導から術後の離床訓練、合併症予防、退院指導、化学療法など安心して療養いただけるように、また、患者さんに寄り添った心のこもった看護が提供できるよう努めています。
 
 
 
 

C3病棟(循環器内科、眼科)

C3病棟は、心筋梗塞や狭心症・心不全等の循環器疾患、白内障、緑内障、網膜剥離等の眼科疾患や透析導入の患者さんが入院している病棟です。多職種カンファレンスにも力を入れ、患者さんの思いに寄り添い、安心して療養していただけるよう看護の提供に努めています。特に心不全患者さんの退院指導にスタッフ全員で取り組んでおり、再入院が少しでも減るように指導を行っています。
 
 
 
 

C4病棟(消化器内科、皮膚科)

C4病棟は、消化器内科、皮膚科として急性期から慢性期、終末期の緩和ケアまで、様々な健康障害を抱えた患者さんへの看護活動を展開しています。特に消化器内科な検査も多く、入院から退院までの丁寧な説明と退院時指導について医師と協働で新たに10種類のパンフレットを作成し、安全で安心な治療看護の提供に努めています。ユマニチュードという技法を使いながら丁寧に優しい対応を実践しています。
 
 
 

C5病棟(呼吸器内科、総合診療科)

当院では、京都府北部地域で唯一の呼吸器内科があり、肺がん、慢性閉塞性肺疾患、感染症疾患の方から糖尿病の教育や慢性疾患患者さんの在宅退院支援も頑張っています。
私たちは日々「患者、家族に寄り添う看護」を実践しています。
ターミナル期の患者さんも多く、最後まで「その人らしさ」を大切に「全人的なケア」ができるように、チーム医療を行っています。
 
 
 

B2病棟(集中治療室)

B2病棟は集中治療室を必要とする全診療科の患者さんを対象とし、高度医療機器を用いた全身管理と看護を行っています。生態情報システムが導入されており手術中の情報をタイムリーに得られることで術後看護に役立てています。また、専門性の高いチーム医療のもと、患者中心の最適で良質な看護の提供を目標に、多職種との連携を図り、安心安全に急性期治療が受けられるよう患者さんとご家族に寄り添った集中ケアに努めています。 
 
            
 

救急部門

救急部門は、救急診療および放射線・内視鏡室全般を担当しています。本院は二次救急医療施設のため、地域との連携を図りながら、緊急度・重症度の高い救急患者を24時間体制で受け入れています。救急診療での限られた時間の中で、患者さんに安心安全な看護が提供できるよう技術・知識の向上だけでなく、生命と人格の尊厳を基盤とした倫理観と科学的根拠に基づいた救急看護実践を行っています。
 
 
 

手術部門

手術部門は手術室看護の専門性を磨いたスペシャリストが活き活きと働く場所です。患者さんにも看護師にも居心地のよい場所が提供できるように、個々、チームで日々努力を重ね、年間3000件の手術と、500件の血管造影検査に携わっています。救急から病室、手術室まで患者さんの情報を共有できる電子カルテと連動した最新の生体情報システムを整備し患者さんの安全を守っています
 
 
 

外来部門

本院の外来は17の診療科および外来化学療法室、透析室を有しています。そこで働くスタッフはそれぞれの専門性を発揮し、患者さんが安心して診療・検査・治療が受けられるように看護を提供しています。今年度は、「がん診療棟」の開設とともに外来化学療法室が移転しよりよい環境で治療が受けていただけるように整備されました。
 
 
 
PAGE TOP