神経内科

 平成22年10月に常勤体制となり、スタッフの変更を経ながら現在は常勤3名での診療を行っています。
 
 神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・筋に由来する疾患の診療を担当します。症状としては、主に意識障害、麻痺、言語障害、けいれん、もの忘れ、頭痛、めまい、しびれ、ふるえを訴えられる方に対応し、脳卒中、てんかん、神経感染症(脳炎・髄膜炎)、認知症・パーキンソン病などの変性疾患、ギランバレー症候群・重症筋無力症・多発性硬化症などの神経免疫疾患などの診断と治療を行います。
 
 これらの症状で受診していただいた患者様には、はじめに問診票を記入していただき、その後詳細な問診と診察を受けていただきます。その後適切な検査計画を一緒に相談していきます。
 
 高齢化に伴い、脳や神経の疾患は増加の一途です。特に丹後地域ではご長寿の方が大変多く、脳・神経系の症状・疾患への対応は欠かすことができません。当科では、これらの幅広い症状・疾患に対して、適切な診断を行うと同時に、症状の改善に尽力すべく診療を行っています。認知症疾患医療センターとして、精神科とも協力して、急増する認知症診療に対応しています。水曜日に不定期で物忘れ専門外来を開いておりますので、お電話にてスケジュールを確認してご予約いただければと思います。
 
 平成29年10月からは、頭痛専門外来を開設しております。軽症から重症まですべての頭痛患者様のお役に立てるよう日々診療に取り組んでおります
 
 

外来担当表

 
担当
丹羽文俊
 
中川正法
 
神経内科・再診
(第1週 午後)
物忘れ外来・予約
(第3週 午後)
中川正法
 
物忘れ外来・予約
(第1,3週 10:00~)
 
石井亮太郎
中川正法
 
 

スタッフ紹介

病院長 中川 正法
医長  丹羽 文俊
副医長 石井 亮太郎