呼吸器内科

 呼吸器内科では、岩﨑吉伸教授、大月亮三医長、嶋本貴之副医長の3名の医師が担当しています。
 肺がん、喘息、COPD、結核を含めた各種呼吸器感染症、間質性肺炎等、呼吸器疾患全般を診療しています。また、慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法、睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP療法も実施しています。肺がんでは、従来の抗がん剤による治療のみならず、特有の遺伝子異常のある患者では分子標的薬剤を投与し良好な結果が得られています。また、近年、著しい進歩の見られるがん免疫療法も導入しています。がん治療では手術、放射線療法が必要な場合が多く、近隣の病院と連携を取り、紹介しています。喘息、COPDでは、吸入療法を中心に行い、ほとんどの患者で良好なコントロールが得られています。気管支鏡検査は、月曜日、金曜日の週2回ですが、気管支内エコーを用いることにより、縦隔病変、末梢病変を確実採取できるようになり、正確な診断ができるようになっています。
 人員が少ないこと、呼吸器外科がないこと、放射線療法ができないことなど、まだまだ住民の方にご迷惑をおかけしておりますが、地域医療のため、地域住民のため最新の医療を提供しています。また、今後、北部医療センターでは、本院(京都府立医科大学附属病院)との連携を強め、新たな治療法の開発のための臨床試験にも積極的に参加する予定にしております。
 呼吸器外来は月曜から金曜日まで連日、禁煙外来は木曜日午後2時から。
 
 
月 曜 日
火 曜 日 水 曜 日 木 曜 日 金 曜 日
検査
外来
 
嶋本貴之副医長
午後気管支鏡
 
大月亮三医長 大月亮三医長
岩﨑吉伸教授
禁煙外来(第1,3
14:00~16:00)
大月亮三医長
午後気管支鏡