泌尿器科

診療方針・理念

 当科は丹後医療圏における中核病院として頼られる泌尿器科を目指し、関連学会や研修会などに積極的に参加を行い日々の診療・手術技術の向上に励んでおります。

 また、医療圏内におけるかかりつけ医制度を利用した病病連携・病診連携に力を入れており、紹介患者様の積極的な受け入れ(外来・入院)を行っています。京都府立医科大学泌尿器科や滋賀医科大学 泌尿器科との連携を行い当院での先進医療が受けられるように、患者様の利益を最優先した医療を提供することが出来るように努力をしております。

 

当科の特色

 当科では泌尿器がん(悪性腫瘍)、前立腺肥大症などの排尿障害、尿失禁や頻尿(過活動膀胱)、尿路結石症(結石性尿路感染症を含む)、尿路感染症、小児泌尿器科疾患などの多岐に渡る泌尿器科疾患を対象に診療を行っています。手術療法を選択される場合は可能な限りの低侵襲手術を目指しておりますので、経尿道的内視鏡手術や腹腔鏡下手術を積極的に行っております。
 

代表的な疾患について

 
尿路結石症:当院には、体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)とホルミウムレーザー装置+軟性尿管スコープを導入してあります。全ての尿路結石症に対して様々な手術療法を行うことが可能です。患者様のニーズに応じた治療方法を一緒に相談し、納得できる治療内容を選択していただけるようにしています。
 
前立腺疾患:前立腺がんを疑われる方に対して前立腺針生検を行っておりますが、患者様のご希望に応じて1泊2日の局所麻酔下での方法から、2泊3日の痛みの少ない腰椎麻酔下での検査方法まで選択していただいています。また、前立腺がんの手術療法では病状などに応じて希望される方に対しては、勃起神経温存術式も積極的に取り入れております。前立腺肥大症に対する経尿道的手術は、TURisシステムを用いた方法で安全に行うことが可能となっています。
 
腎がん・腎盂尿管がん:腹腔鏡を用いた手術療法を取り入れていますので、術後の早期回復が可能となっております。最近では小さな腎がんに対しては、腎機能を可能な限り残すために部分切除術を行っています。部分切除術の方法も阻血して切除し、縫合する方法だけではなく、阻血をせずにソフト凝固装置を用いて(無阻血ソフト凝固)腎がんのみを部分切除する方法も行っています。
 
膀胱がん:経尿道的内視鏡手術後に膀胱内に薬液を注入する方法を行い、再発予防を積極的に行っております。また、進行性膀胱がんに対する膀胱全摘除術の場合、病状に応じてご自身の小腸を利用した新膀胱造設術をはじめとした尿路変向術を行っています。
 
小児泌尿器疾患:京都府立医科大学の小児泌尿器科の先生と連携をしながら、当院で治療が完結できるように努力しております。小さなお子さんを連れて遠方まで受診をしていただかなくても良いような状況を心がけております。

  

手術件数

 

   
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
副腎腫瘍摘出術   0 2 1 1 1
腎尿管悪性腫瘍手術   1 6 12 6 12
前立腺悪性腫瘍手術   10 8 9 12 18
経尿道的前立腺手術   20 23 11 21 23
前立腺皮膜下摘除術   3 2 0 2 0
尿道ステント留置術   7 15 10 9 7
膀胱悪性腫瘍手術 全摘除術 3 1 2 4 3
  経尿道的手術 38 52 31 36 44
体外衝撃波結石破砕術   16 14 18 14 8
経尿道的尿路結石除去術   36 40 58 64 51
腹腔鏡下手術   1 5 12 8 13
小児泌尿器手術   20 12 20 9 13
小児泌尿器腹腔鏡下手術   0 0
0
2 3
前立腺針生検   68 70 63 62 85

 

 担当医師

●医長 増田 健人(ますだ けんと)      平成8年卒 

専門領域 泌尿器科一般
所属学会
日本泌尿器科学会(専門医、指導医)
日本泌尿器内視鏡学会
(泌尿器腹腔鏡技術認定医)
日本透析医学会
日本性感染症学会
日本癌学会
日本癌治療学会

 

●副医長 迫 智之(さこ さとし)     平成24年卒

専門領域 泌尿器科一般
所属学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会