皮膚科

 アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、蕁麻疹、接触皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性疣贅(イボ)、足白癬(水虫)、帯状疱疹、皮膚腫瘍、熱傷など、皮膚科疾患全般にわたって幅広い診療を行っています。
 
 炎症性、腫瘍性疾患などに対して様々な検査を行うことがあります。
 
 また、悪性の皮膚腫瘍に関しては、当院で可能なものに関しては腫瘍切除術などによる治療を行います。当院のみで治療が困難な場合、京都府立医科大学や福知山市民病院と連携して治療を行います。
 
 

外来担当表

 
担当医
若林祐輔
若林祐輔
若林祐輔
若林祐輔 若林祐輔
 
 

スタッフ紹介

医長  若林 祐輔
 
 

診療内容

 

アトピー性皮膚炎

 外用剤の使い方、内服薬について、生活指導など行っています。
 症状が悪化し、ヘルペスや細菌感染を併発した場合、入院治療を行います。

 

帯状疱疹、水疱、カポジ水痘様発疹症などヘルペス感染症

 最近では内服治療が主ですが、重症、持病によっては入院し、点滴治療も行っています。

 

皮膚潰瘍

 糖尿病、膠原病、血管性など様々な原因があります。他の診療科とも連携し、治療を行うことがあります。

 

褥瘡(床ずれ)

 週1回、入院患者さんへ褥瘡の回診を行っています。

 

接触皮膚炎

 必要があればパッチテスト等で原因検索を行います。

 

その他

● 爪白癬、足白癬、カンジダなど真菌症

● 虫刺症、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、痒疹、貨幣状湿疹、自家感作性皮膚炎、

  ウイルス性発疹症など湿疹、皮膚炎

● 乳児、小児湿疹

● 急性、慢性蕁麻疹

● 脱毛症

● いぼ、アクロコルドン

● にきび

● 熱傷、熱傷後瘢痕

● ケロイド、肥厚性瘢痕

● その他 紅皮症、水疱症など

 

手術

≪皮膚腫瘍≫

● 粉瘤、脂漏性角化症、血管腫、皮膚線維腫、脂肪腫、ほくろ、日光角化症、

  有棘細胞がん、基底細胞がん、など

● 皮膚生検
  確実な診断のため、外来で腫瘍の一部を採取します。