薬剤部

薬剤部の役割

薬剤師は、医療チームの一員として医師、看護師等のスタッフと連携をはかり院内の全ての薬を患者様に安心して使っていただけるよう薬に関する様々な業務を薬剤師6名が行っています。
また、外来患者さまの処方薬は、ご希望のかかりつけ調剤薬局で総合的なチェックや管理ができるようにすべて院外処方せんとして発行しております。

薬剤部の主な業務

調剤業務

おもに入院患者さまの内服薬、外用薬、注射薬の調剤を行っています。医師が作成した処方内容をチェックし、薬の量、のみ方、使い方、のみ合わせや配合変化などを確認して調剤します。

薬剤管理指導業務

医師の同意のもとに、薬剤師が病棟に出向き、入院患者様にお薬を服用する必要性や薬効を説明したり、使用方法を確認したり、副作用、相互作用をチェックしたりしています。

医薬品情報業務

医薬品に関する膨大な情報を収集・整理し、個々の治療上に必要な情報について院内関係者や患者さまに提供しています。

製剤業務

治療上必要であるが市販されてない特殊な製剤などを調製しています。
また、注射用抗がん剤は安全キャビネット内で無菌的に調製、混合し、異物の混入や細菌による汚染、製剤の安定性に注意を払っています。

医薬品管理業務

院内で使用する医薬品の入出庫、在庫の管理や血液製剤、麻薬・向精神薬の使用状況などをチェックしています。

院外処方せんについて

当院では、京都府薬剤師会の協力のもとに院外調剤薬局へ処方せんを送るファックスを置いていますので、会計が終わって処方せんを受けとったら「院外処方せんFAXカウンター」でご相談下さい。