救急医療に関する協定

平成20年6月4日(水曜日)、宮津与謝消防組合消防本部(宮津市)において、医療法人財団宮津康生会宮津武田病院、宮津与謝消防組合(管理者:宮津市長)との三者で「救急医療に関する協定」を締結しました。

 

(写真左から)宮津武田病院 辻院長、消防組合管理者 井上宮津市長、当院 内藤院長

協定書20.6.4(PDF:687KB)

協定の趣旨

平成20年5月から宮津武田病院が初期救急搬送受入の再開をされたことに伴って、宮津与謝消防組合と共に連携を深め、相互協力体制を充実することで住民の安心安全に寄与する。